脱毛前の準備

脱毛前の事前準備

確実な予約を入れる

キャンセルするとキャンセル料金がかかるところはもちろん、キャンセル料金無料のところであっても、できる目限り予約のキャンセルはしてはいけません。無料でも、混雑しているところは一度キャンセルすると何か月も先になってしまう事もあります。

せっかくの脱毛も毛の周期に合わせて照射しないと、同じ周期のの毛ばかり脱毛してしまう事にもなりますしね。生理の日などはできるだけ逆算して、絶対に避けるようにしましょう。

体調を整える

風邪をひいて体調がちょっと悪い程度ならばと考えるかもしれませんが、広範囲の皮膚にストレスを与えるので、思っている以上に、脱毛は体に負担がかかります。体調が悪いと分かると照射してくれないところもあります。発熱や飲酒などでも照射は受けられなくなります。特にレーザー脱毛は体への負担が強くなりますから、充分体調を整えて、けんこうな 状態で照射を受けられるようにしましょう。
自己処理・シェービング

今は殆どの脱毛サロンや、クリニックが、自己処理が必要としています。顔用のシェーバーを用いて、丁寧にシェービングしましょう。背中やうなじなどの背面は、シェービングしてくれるところもありますが、基本的に補助、剃り残しの対応ですので、家族などに剃ってもらうようにしましょう。VIOは、鏡を必ず用意して丁寧に剃りましょう。シェービングサービスのあるところでも、VIOはやっていないとか、料金が高いとかありますからね。

脱毛日までの注意点

日焼対策はしっかりしておく

日焼けしている場合、黒い色素に集まる、光脱毛、レーザー脱毛では、肌を傷めたり、毛根に光が集中的にいかないので効果が出なかったりするため、照射をしてもらえなくなります。特に夏は、プールや海などに行くと日焼けは避けられないですから、脱毛している途中で有れば、そのような余暇は過ごせない事になりますので、脱毛を始める時期にも十分注意が必要です。

肌に傷を作らない

虫刺され、かきむしった後、怪我による擦り傷、皮膚炎、シェービングによる傷など、肌にトラブルがある部分は照射してもらえません。肌を傷めてしまうので当然のことです。脱毛中はとにかく肌のトラブルに注意しましょう。

page top